骨からのSOSを聞き取ろう|骨粗鬆症は早めの治療が大事

病棟

経過観察を怠らない

カウンセリング

耳の聞こえが悪くなったら

聴神経腫瘍とは、聴神経の周りをおおっている細胞から発生した腫瘍です。良性の腫瘍で成長スピードが遅いのが特徴です。一番最初に自覚する症状は、聴力の低下です。片耳が、突然聞こえなくなったり、ゆっくりと聞こえなくなるなどの症状が現れます。その他、耳鳴り・ふらつき・めまいや頭痛などを発症する人もいます。片側の耳に起こることで気づきが遅いことがありますが、電話の声が片方だけ聞き取りにくいことや、人の話が左右で聞こえが違うなどで気が付くことがあります。腫瘍の大きさなどにより、めまいなどの他に、顔面がマヒしたり、しびれを感じることや、食べ物や飲み物をうまく飲みこむことができなくなる嚥下障害を起こす場合もあります。

良性なのであわてない

片側の聞こえが悪くなり、めまいなどを感じた場合はすみやかに病院を受診しましょう。聴神経腫瘍の診断は頭部をMRI撮影することが有効です。MRI検査の他に、造影剤検査・レントゲン・CTスキャン検査などで確定診断されます。良性の腫瘍のため、聞こえ具合や、患者の年齢や仕事などの生活環境により、経過観察するか、治療を選択するか医師と患者で相談することが必要になります。聴神経腫瘍の治療には、手術や放射線治療などがあります。近年では、かなり大きい腫瘍でなければ聴神経腫瘍の開頭手術は行わず、放射線治療の方法が取られることが一般的になっています。患者の聴力の回復や温存・副作用や後遺症が残らない方法を最善として、患者と医師でよく相談することが大切です。