骨からのSOSを聞き取ろう|骨粗鬆症は早めの治療が大事

病棟

原因究明に最適です

病院

スクリーニング検査に最適

体調不良の際にどの診療科を受診すればよいのか迷うことがあります。そのような場合はとりあえず内科を受診してみましょう。そもそも医学は内科を基本としています。現代では医学の進歩によって様々な科へと診療項目が細分化していますが、内科は総合的な観点から病気の診察や診断を行うことに重点を置いています。そのため病気全般のスクリーニング検査を行うには最適な科となっており、各種の検査機器や診断方法なども充実しているのが特徴となっています。原因がはっきりとしない体調不良などの場合で診察を受けるかに迷ったときは内科で診察を受けることをおすすめします。内科では診察や検査の結果、ほかの診療科目で詳しく検査を行った方がよいと判断される場合には最適な診療科への紹介も行ってくれます。

転院も受け付けています

病気には大きく分けると急性疾患と慢性疾患に分けられます。急性疾患とは症状が急速に進行している状態を指す場合に使われる言葉で、早期に適切な治療を必要とする状態に使用されます。一方の慢性疾患とは症状が緩やかに進行する場合や経過観察が必要な場合などに使用される言葉で、両者の違いによって必要な治療は大きく異なってきます。都筑区の内科では検査体制やほかの診療科との協力体制が充実しているので、どちらの場合でも最適な治療を患者に提供することができるようになっています。そのため都筑区に住んでいる方で急な体調不良などに襲われた方は、慌てることなくまずは都筑区の内科で相談するようにしましょう。また都筑区の病院では病気が慢性期へと移行した方で経過観察などが定期的に必要となった方へのサポートも充実しています。総合病院などで緊急時の治療が終了した方は、医師と相談し都筑区内にある内科で経過観察を受けられるようにできないか相談してみましょう。