骨からのSOSを聞き取ろう|骨粗鬆症は早めの治療が大事

看護師

施設の選び方

病院

透析をしてもらう施設選びを世田谷区内で行うときは、おさえておきたいポイントがあります。通いやすいということはもちろんのこと、どのようなサービスを行っているのか、治療を受けることが出来る時間帯についても確認しておくようにしましょう。

詳細を読む

骨の病気の治し方

女性

骨密度が低くなる骨粗鬆症は骨の病気であり、骨折をしやすくなるので早めに治療をすることが必要です。骨粗鬆症の治療は整形外科で行っていますが、症状によっては内科や産婦人科でも治療することができます。いずれの病院を受診した時でも骨密度の測定やレントゲン検査が行われ、骨の状態を調べます。骨密度が正常値よりも低い場合は骨粗鬆症の疑いが濃厚ですので、薬物療法による治療が行われます。骨粗鬆症の薬物療法では、骨吸収抑制剤や骨形成促進剤、各種ビタミン剤を投与して治療を行います。女性ホルモンの不足が原因の骨粗鬆症では女性ホルモン製剤が投与され、不足している女性ホルモンを補います。薬物療法と同時に食事療法や運動療法も行い、骨密度を高めて骨を強くします。

骨がもろくなる骨粗鬆症は、カルシウムやタンパク質などの骨の成分が不足することが原因で発症します。40代の更年期の女性は、閉経に伴う女性ホルモンの減少によっても骨粗鬆症になるので注意が必要です。骨粗鬆症の治し方の基本は不足しているカルシウムやタンパク質を補うことであり、薬物療法や食事療法で治療します。更年期の女性の骨粗鬆症は、女性ホルモン製剤で女性ホルモンを補う薬物療法で治療を行います。運動不足も骨粗鬆症の原因になりますので、治療の際には運動療法も行われます。薬物療法と食事療法、運動療法を続けることによって骨密度は徐々に高まり、もろかった骨が丈夫になってきます。50代までに治療をすることによって、高齢になってからの骨折を防ぐことにつながります。

経過観察を怠らない

カウンセリング

聴神経腫瘍は良性の腫瘍で、すぐに大きくなってしまうものではありません。片側の聞こえが悪くなったり、めまいや顔面のしびれ・嚥下がうまくいかないなどの症状が現れたら、すぐに受診して検査を受けることが大切です。

詳細を読む

原因究明に最適です

病院

体調不良の原因究明に最適な科が内科です。内科では総合的な観点から病気の診断を行うことを重視しているため、検査内容や検査機器が充実している点が特徴となっています。また慢性期へと移行した病気の治療にも最適です。都筑区の方で定期的な検査を家の近くで受けたい方は都筑区の内科で相談してみましょう。

詳細を読む