漢方薬で子宮内膜症の痛みを軽減する方法|様々な現代医療

先生

信頼出来る内科医

先生と患者

大阪市平野区には300以上の病院やクリニックがあります。健康に気を使っている人も病気になる可能生はあるので、信頼できる内科医のいる病院を探しましょう。患者さんとしっかりとコミュニケーションを取る内科医は信頼が出来ます。

Read More

患者さんの体質を改善

複数の生薬

女性と男性では体の作りが違うので、男性にはない女性特有の病気もあります。特に女性ホルモンの影響で女性は体調に変化が出ます。出産や妊娠によってもホルモンもバランスが崩れて、体調不良になることがあります。

女性特有の病気の一つとして子宮内膜症があります。子宮内膜症とは本来なら子宮内にしかないはずの組織が、卵巣や卵管などの子宮以外の場所に出来る病気です。女性は月経時になると剥離や出血して、その時の血液や内膜を排出することが出来ずに、いろんな臓器に癒着してしまい、炎症を起こして痛みが発生します。その他にも多くの症状を引き起こして女性を苦しめる病気です。子宮内膜症はなぜか妊娠したことがない女性に多く、閉経時になると発生は減少します。

子宮内膜症の症状は漢方でも和らげることが出来ます。漢方は中国の伝統的医療で、昔から患者さんの症状に合わせて漢方薬を調合してきました。現代医学の薬のように即効性があるものではありませんが、長期的に服用することで体質を改善することが目的です。つまり、漢方薬は患者さんの体質を改善して病気の根本から治療するための薬なのです。そのため、漢方薬では一時的に痛みを緩和することは出来ますが、子宮内膜症そのものの治療をするわけではありません。ですから、ホルモン療法や外科療法と一緒に漢方薬を服用すると良いでしょう。漢方薬は自然の物で作られているので、他の薬と一緒に服用することが出来ますが、念のため担当医と相談するとよいでしょう。

免疫細胞を活性化

女性患者と先生と看護師

がんはとても怖い病気で、日本人の死因の第一位ががんです。一般的に外科療法、化学療法、放射線療法ががんの治療法ですが、最近は第4の免疫療法も登場しています。免疫細胞を強化して、がん細胞のみを攻撃することが出来ます。

Read More

野菜中心の食事に改善

4人の医師

胃がんは昔よりも患者数が減りましたが、未だに全てのがんの中で2番目に発症している人が多いがんです。そのため、検査をして早期に発見して適切な治療を受けることが大事です。さらに、食生活の改善がとても重要になります。

Read More